海外日経平均先物取引
リスク
仕組み
海外ミニ日本国債先物取引
リスク
仕組み
ミニS&P、ミニナスダック
リスク
仕組み
インド,CNX NIFTY INDEX先物
リスク
仕組み
 
ホーム > 海外日経平均先物 > 海外ミニ日本国債先物取引のリスク
 
  国債先物の価格は、金利の変動の影響等により上下しますので、これにより損失を被ることがあります。また、国債先物取引は、少額の証拠金で当該証拠金の額を上回る取引を行うことができることから、場合によっては大きな損失が発生することがあります。したがって、国債先物取引の開始に当たっては、下記の内容を十分に把握する必要があります。

◆市場価格が予想とは反対の方向に変化したときには、短期間のうちに証拠金の大部分又はそのすべてを失うこともあります。また、その損失は証拠金の額だけに限定されません。

◆相場の変動により不足額が発生したときは、証拠金の追加差入が必要となります。

◆各取引所は、相場の変動やリスク管理の観点から必要と認められる場合には予告なく証拠金の額の引き上げを行うことがあります。そのために、証拠金の追加差入れが必要となる場合があります。

◆所定の時限までに証拠金を差し入れしない場合や、約諾書の定めによりその他の期限の利益の喪失の事由に該当した場合には、損失を被った状態で建玉の一部又は全部を決済される場合もあります。更にこの場合、その決済で生じた損失についても責任を負うことになります。

◆市場の状況によっては、意図したとおりの取引ができないこともあります。例えば、市場価格が制限値幅に達したような場合、転売又は買戻しによる決済を希望しても、それができない場合があります。

◆市場の状況によっては、各取引所が制限値幅を拡大することがあります。その場合、1日の損失が予想を上回ることも
あります。

◆各取引所の所在する国の政治・経済・社会情勢の変動等の要因による相場の著しい変動により取引が制限されることも
あります。

◆USドル建て商品については為替リスクが発生します。

◆当社及び当社の指定する清算参加者が万が一破綻した場合は、一般債権と同様の扱いとなりお預かりした証拠金の一部または全部が返還されない可能性があります。

◆当社営業時間外にお客様の取引システムへのログインにおいてロックがかかった場合お客様はロックを解除することができず不測の影響を受けることがあります。(パスワードを3回間違えるとロックがかかります。)

  このように国債先物取引は、多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る 危険性を合わせ持つ取引です。したがって、取引を開始する場合又は継続して行う場合には、取引のリスクや仕組みについて十分把握するとともに、投資者自らの資力、投資目的及び投資経験等に照らして適切であると判断する場合のみ、自己の責任において行うことが肝要です。




 
 
   
プライバシーポリシー勧誘方針免責事項サイトマップ 会社案内お問い合わせ 
倫理コード反社会的勢力に対する基本方針  
プレジアン証券株式会社 金融商品取引業者 近畿財務局長〔金商〕第12号 日本証券業協会・第二種金融商品取引業協会加入
※海外証券先物取引は通貨等の価格、金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあり、発生する損失は証拠金等の額を
上回る場合もあります。契約締結前交付書面は必ずお読みください。
Copyright (C) Pregian Securities Co., Ltd. All Rights Reserved