海外日経平均先物取引
リスク
仕組み
海外ミニ日本国債先物取引
リスク
仕組み
ミニS&P、ミニナスダック
リスク
仕組み
インド,CNX NIFTY INDEX先物
リスク
仕組み
 
ホーム > 海外日経平均先物 > 海外日経平均先物取引
 
  ミニS&P、ミニナスダックとは、米国シカゴのシカゴマーカンタイル取引所で取引されている米国を代表する株式指数、S&P
500、ナスダック−100指数をベースにした先物指数です。投資しやすいように5分の1にミニ化されていて、現在ではミニの
方が主流です。 両者とも流動性は非常に大きく世界でもっとも取引されている商品のひとつです。


  ミニS&Pとは、米国ニューヨーク証券取引所、アメリカン取引所、ナスダック取引所で上場されている主要500社の流通
株ベースの資産加重された指数です。米国相場の動きをもっとも反映する指数といってもいいくらいです。ミニS&Pとはこれ
を取引しやすいようにミニ化されたもので、1ポイントUS$50、0.25ポイントが1ティックですので、1ティックUS$12.5となります。


  ミニナスダックとは米国ナスダック取引所で上場されている金融株を除く主要100社から構成されている指数です。ミニナ
スダックとはこれを取引しやすいようにミニ化されており、1ポイント、US$20、0.25ポイントが1ティックですので、1ティックUS
$5となります。


  両先物はGLOBEXにより24時間取引できますが主要な取引時間は日本時間の夜です。両先物の動きはシカゴマーカン
タイル取引所の日経平均取引先物の動きを左右し翌日の日本の相場に大きく影響を及ぼします。昨今の日本株を左右す
る投資家が外人投資家となっていることからもこの傾向は顕著です。投資としてかつトレーディング対象としてぜひお勧め
できます。







 
   
プライバシーポリシー勧誘方針免責事項サイトマップ 会社案内お問い合わせ 
倫理コード反社会的勢力に対する基本方針  
プレジアン証券株式会社 金融商品取引業者 近畿財務局長〔金商〕第12号 日本証券業協会・第二種金融商品取引業協会加入
※海外証券先物取引は通貨等の価格、金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあり、発生する損失は証拠金等の額を
上回る場合もあります。契約締結前交付書面は必ずお読みください。
Copyright (C) Pregian Securities Co., Ltd. All Rights Reserved